doremiのブログ。

doremiのブログです。

毎日、ほっこりするようなエッセイを書いています。

遊びに来てくれてありがとう。
<< 雨上がりの朝に | TOP | あたらしい朝 >>
Happy Birthday
0
    今日は姉の誕生日である。
    いつからか、もう、おめでとうなんて
    言わないでね、と照れるようになったが、
    いくつになっても、おめでとうと言いたい。

    ひとつ上の姉は我慢強く、献身的な性格で
    私が小さい頃、すごく身体が弱かったので
    とても大変な思いをしたと聞いている。
    一歳になったくらいの頃に、もう、
    歩かされたというのだ。
    眠かったり、疲れたり、
    ちいさな子どもにとっては
    想像もつかないくらいに
    ハードな日々だったと思う。
    泣きながら、眠りながら
    歩いたとも聞いている。
    なんて頑張り屋さんなんだろう。

    そんな姉ももう8歳の女の子のお母さんとして
    ずいぶんたくましくなった。そのおかげで
    子どももすくすく成長している。たまに会うと
    その成長ぶりは本当に目をみはるものがある。
    本人はともかく、両親がきちんとしているのだなぁと
    思わされることが多々ある。

    私は就職してから身体を壊して、せっかく入った
    会社を辞めてしまったけれど、姉は一度も辞めずに
    働きながら、子育てもがんばっているから、すごいと
    思う。継続するのってなんでもないようで実はすごく
    努力が必要なことなのだ。

    遠くに住んでいるから、めったに会えないけれど、
    まだまだ学ぶべきところがたくさんあるなぁと
    いつも思う。

    三人姉妹だったから一人っ子の気持ちはわからないのだけど
    姉と妹がいてよかったなぁと思うことがよくある。
    友だちには話せないようなことも、ずいぶん相談して
    きたように思うし、何よりも、その存在にどれだけ
    救われているだろうと考えると、驚くほどだ。

    いい年をして、まだまだ発展途上だなんて
    どうなんだろう、と思うけれど、人生のお手本とも
    いえる姉妹が身近にいるということはしあわせだと
    実感している。悩んだとき、相談することはめったに
    ないけれど、姉だったらどうするだろう、妹だったら
    どう乗り切るだろう、とよく考えて、対処することが
    ままある。

    母によく言われるのだが、私はすごく質問が多いそうだ。
    しかも、そんなことは聞かなくてもわかるだろうと思う
    ようなことを聞くらしい。

    一人で生活していた頃、なんにも相談せずに、いろいろ
    勝手なことをして、結局、大変なことになってしまった
    反省から、自分ではいいと思っても、そういう感じを
    信用しないようになってしまったのではないかと考えている。

    それでも、今後は、自分で考えて、答えを導いて
    ゆかなければいけない必要性もひしひしと感じている。
    おとなはもっと自立していないとね。その練習は少しずつ
    始めているのだが、まだまだ安心できないレベルだ。

    きのうはくもりの一日だったが、今日は晴れて
    太陽が輝いている。きのうまで、悲しくなるくらい
    具合が悪かったところが、朝、目覚めると、はっきりと
    わかるくらいよくなっている。やはり、立ち上がる力は
    きちんと自分の中にあるんだなぁとうれしくなる。

    悩んだり、迷ったりしても、結局、最後のところで
    決めるのは自分しかいない。方法は何通りもあって
    どちらを行けばいいのか、いつも迷うけれど、
    そろそろ直感というのを信じてもいいかもしれない。

    きのうは眠れなくて悶々としてしまったが、
    そんなことは一時的なことだと考えて、
    前に進むことも重要なんだと思う。

    空に似合うような心も晴れの一日にしたい。


    11:52 | えとせとら | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://smilesmile123.abcdefg.bambina.jp/trackback/104
    トラックバック