CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部
SPONSORED LINKS
笑顔で手を振る。

Oさんは駅ビルで働いていたとき

 

一番仲が良かった人だ。

 

今日は彼女が働いているとき、

 

目が合ったので

 

思わず笑顔で手を振った。

 

うれしかったな。

 

あとはOさんに何度も逢えて

 

今日はいい日だ、と思った。

 

私が働いているとき、

 

かごやカートを片づけることは

 

重労働なので

 

しない人が多かった。

 

やめることになったとき、

 

報告したら、

 

「ずっとおってくれたらいいのに」というのは

 

きっと本音だろう、と思う。

 

そういう風に率先して

 

仕事してくれるスタッフが

 

今どれだけいるかと考えると心もとない。

 

Oさんは仕事のために

 

腱鞘炎になりながら

 

病院に通いながら続けている。

 

シルバー人材センターで

 

その仕事をする人を雇っているから

 

自分たちはしなくていいんだ、と

 

思うのは、いかがなものか。

 

彼が、いいんだよ、

 

いいんだよ、そんなにしなくて、

 

と言ってくれるほど

 

いつも手伝っていた。

 

いつもお買い物してくれて

 

ありがとうございます、というけれど

 

「戻ってきてほしい」というのが本音だろう。

 

せめてタクシー乗り場に置いてある

 

カートぐらいは

 

気が付いたときは

 

片付けるようにしている。

 

いろいろなことを想う夜だ。

 

もう、そこを去ってから

 

一年がたつのに、

 

いつも人混みの中で

 

みつけて声をかけてくれて

 

どれほどうれしいかわからない。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

あなたが駅に行くとき、

 

タクシー乗り場にカートが

 

置いてあったら、

 

直してくれるとありがたいです。

 

ふだんは警備員さんたちが

 

自分たちの仕事の範疇ではないけれど

 

やっているようです。

 

いつもいつもありがとう。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

[ 好きなこと | 2017/08/01/21:38 Tuesday | comments(0) | - | ▲ Page Top ▲ ]
COMMENTS
POST A COMMENT









SEARCH (In This Site)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
Profile
OTHERS