CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部
SPONSORED LINKS
良い子ね。

猫は「良い子だね」と言われると

 

すこしうれしそうな顔をする。

 

それで、岩合光昭さんに倣って

 

そういう風に声かけすることに決めた。

 

先日は黒猫に2匹逢い、1匹はしっぽをピンと立てて、

 

ゆらゆら揺らしながら、得意げだった。

 

いつもの場所に座っている黒猫のジジちゃんは

 

良い子ね、と言われると、おすましの表情だ。

 

その日は確か、「やんちゃん」の子どもにも逢えたのだった。

 

良い子ね、と声をかけると耳をピクピク動かす。聴いているのね。

 

猫は飼うつもりはないけど、外を歩いていて逢えるだけで、

 

この上ない幸せを感じている。

 

縁があって世話することになった猫は2匹いて、その子たちとの

 

思い出が忘れがたいので、その子たちのためにも、もう家族としては

 

飼わないということを心に決めている。

 

「やんちゃん」というのは交通事故で轢かれて瀕死の状態で運び込まれた

 

黒白の子猫だった。やんちゃに元気になってほしくて、やんちゃん、と

 

名付けた。私のことを母親だと思って、私からしか餌を食べなかったけど、

 

会社の人が障害のことを承知のうえで世話してくれる人を探し、その人に、

 

受け渡した時、全身の毛を逆立てて叫んだことを忘れない。やんちゃんには

 

ほんとうに申し訳ないことをした。

 

私は勝手にそういう手続きを進めた同期の子とは気まずくなり、その後、

 

会社を辞めることになった。

 

もう一人のやんちゃんは公園にいたキジトラの猫で、膝の上でくつろぐのが

 

大好きだった。3年ほど公園に毎日通ったように思う。雨の日も雪の日も

 

じっと待っていた。枯葉の中で寝ていて、やんちゃん、と声をかけて

 

起こしたこともあった。あまりに猫がなついているので、ボール遊びを

 

している小学生に「飼っているんですか」と訊かれたこともある。

 

その猫は病気で、ある年のイースターのあとに、亡くなったと聞いた。

 

その頃、もう天国に逝くんだ、とわかったので、その日は3時間ほど、

 

お昼ごはんも忘れて、やんちゃんを膝の上にのせて、歌を歌ったり、

 

背中を撫でたりした。あのぬくもりと人懐こい感じは忘れがたい。

 

それから猫は特別な動物となった。

 

やんちゃんの子孫は生きていて、すこし似ていて、性格がまた

 

とても良いので、評判も上々みたいだ。

 

たくさん、たくさん、ありがとう。

 

愛を惜しみなく受け取っています。

 

ありがとうね。

 

愛しているよ。

[ 好きなこと | 2018/06/12/16:44 Tuesday | comments(0) | - | ▲ Page Top ▲ ]
COMMENTS
POST A COMMENT









SEARCH (In This Site)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
Profile
OTHERS